2020・3月新型コロナウイルス暴落から楽天証券で積立NISA始めました

積み立てNISA運用成績

どうも!トラトラです。

2020、3月3日から、

積立NISAで

初めての買い付けが始まりました。

以前から積み立てNISAを早くやりたいと

思ってましたのでよかったです。

しかし

3月・4月とコロナウイルスの影響で、

相場が暴落したり大荒れで、

大変なことになってますね。

ここ最近、NYダウなどは、

一時の大暴落の時より

半分近く戻っているので、

少し落ち着いた状況になっています。

ただ、もう一度下落して、

いわゆる二番底を付けるのか

それとも、このまま上がっていくのか、

5月は注目しています。

NISAで積み立てた投資信託の銘柄

4月の積立NISAは

積立合計 45296円

損益   +4237円

積立NISA投資信託の銘柄

・楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全米株式))

・eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

・eMAXIS Slim 新興国株式インデックス

・eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

・eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

再投資型をすべて選択しました。

この5銘柄で積立やっていきます。

積立NISAの設定画面(楽天証券)

 

楽天クレジットカードで決済

毎月1日に自動で購入してくれるので

感情が入らず楽です。

引き落としは

購入した額の1%ポイントが

もらえるので楽天カードで購入する

設定にしました。

毎月33330円の投資信託を購入していくので

毎月333円(ポイント)、

年間3996円(ポイント)、

が戻ってきます。

長期で積み立てNISAを考えていて

積立NISAを15年間は続ける計画なので

15年だと約60000円(ポイント)

もらえる計算になりますね。

ただ、

今は囲い込みのために楽天証券も

楽天カード決済で1%還元してますが

いつか分かりませんが間違いなく

規約変更し、

「1%ポイント還元やめます」と

言うと思いますので

それまでは、

かなりいい還元率なので

もらっておきます(笑)

積立金額は

積立NISAの最大のメリット、

年間40万円までの積立が非課税という

大きなメリットがあるので、

それを活かすために

今年の12月までの積立金額を

40万に設定しました。

毎月33330円の積立なります。

年の途中の

3月から積立を始めたので

年間の積立合計40万になるように増額設定しました。

楽天ポイント利用設定

楽天証券の

楽天ポイントで

投資信託が買える

ポイント投資というサービスがあり

私も楽天ROOMで稼いだ楽天ポイントを

毎月、NISAとは別で積立投資してますが

積み立てNISAでも

楽天ポイントが使えるので利用しています。

楽天証券で500ポイント以上使う

楽天市場で買い物する時に

1%還元になるので

一部の投資信託をポイントで買っています。

ポイント投資、積み立てNISA、

両方で

ポイントを利用してますが

ポイント投資か積み立てNISAか

どちらかで

楽天ポイントを使えば

楽天市場で1%還元になります。

まとめ

積み立てNISAは毎月設定した金額を

自動で勝手にやってくれるので、

めんどくさがりの私には合っています。

このドルコスト平均法の買い方は

感情に左右されないのも好きな所です。

買っている投資信託は日本を除く

アメリカを中心とした中身の投資信託にしました。

なぜアメリカなの?と

ざっくり言えば、

やっぱりこれからも

世界経済は

アメリカ中心だと思うのと

日本と違い

予想では

この先、アメリカの人口が減らない

むしろ、まだ増えていく予想なので

まだまだアメリカが伸びるんじゃないかと予想し

アメリカ中心の投資信託に決めました。

これから長期で

どうなるのか当然分かりませんが

淡々と積み立て、同時に勉強していきたいです( ^ω^)・・・

毎月、自分の記録として残して

これから積立NISAを始めようか考えてる人などの

参考になればと思っています( ^ω^)・・・

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました