「※アフィリエイト広告を利用しています」

DVD-RとDVD-RW、どちらを選ぶべきか? 違いと用途を徹底解説!

パソコン・スマホ関連

どうもTaiTaiです。

 

デジタルストレージの選択肢が多様化する昨今ですが、

DVD-RとDVD-RWは

依然として

その存在感を示しています。

・デジタルストレージ(記憶装置)
HDD(ハードディスクドライブ)や
SSD(ソリッドステートドライブ)、
USBメモリ、
microSDカードなど

しかし、

これら二つのフォーマットの違いって

ややこしいので、

違いはどこなのか

調べてみました。

 

本記事では、

DVD-RとDVD-RWの違いと

それぞれの適した用途を

詳しく解説します。

DVD-RとDVD-RWの違いを表にしてみました

以下は、DVD-RとDVD-RWの違いを表に示したものです。

DVD-R (DVD-Recordable)DVD-RW (DVD-Rewritable)
定義記録可能なDVDメディア書き換え可能なDVDメディア
書き込み方法一度だけ書き込み可能複数回の書き込み可能
再書き込み不可可能
容量一般的に4.7GB(目安・標準画質録画で約120分)一般的に4.7GBまたは9.4GB
書き込み速度高速書き込み可能一般的に低速書き込み
再生一般的なDVDプレーヤーで再生可能一般的なDVDプレーヤーで再生可能
一般的な用途データバックアップ、映画の保存テレビ番組の録画、データのバックアップ、一時的なデータ保存
メディアの耐久性一般的に高い書き込み/消去サイクルによる劣化
コスト一般的に安価一般的にDVD-Rより高価

注意:技術や製品は時間とともに進化しており、将来的には表の情報が変わる可能性があります。

DVD-Rとは?

DVD-Rは、

Digital Versatile Disc-Recordable”の略で、

データを一度だけ記録できる

光学式ディスクメディアです。

 

最大4.7GBのデータを保存できます。

標準画質録画で

動画約120分保存できます。目安です

 

また、

DVD-Rは

広範なデバイスと互換性があり、

家庭用のDVDプレーヤーや

パソコンのDVDドライブなど、

多くのデバイスで再生できます。

【Amazon.co.jp限定】 バッファロー DVD-R 1回録画用 4.7GB 50枚 スピンドル CPRM 片面 1-16倍速 【 ディーガ 動作確認済み 】 ホワイトレーベル RO-DR47V-050PW/N

DVD-RWとは?

一方、

DVD-RWは

Digital Versatile Disc-ReWritable”の略で、

データを何度も書き込み、

消去できるディスクメディアです。

 

DVD-Rと同じく

最大4.7GBのデータを保存できますが、

一部のデバイスとは互換性がないこともあるため、

利用するデバイスを確認する必要があります。

 

DVD-RWと互換性のないデバイスは?

DVD-RWディスクは

一般的に多くのデバイスと互換性がありますが、

一部のデバイスでは正常に動作しない場合があります。

以下に、

DVD-RWディスクと

互換性のない可能性がある

デバイスの例をいくつか挙げてみました。

  1. 古いDVDプレーヤー:
    一部の古いDVDプレーヤーやDVD-ROMドライブは、最新のディスクフォーマットに対応していないため、DVD-RWディスクを認識しないことがあります。
  2. 古いコンピュータのDVDドライブ:
    古いコンピュータやDVDドライブでは、最新のDVD-RWフォーマットに対応していない場合があり、読み込みや書き込みが正常に行えないことがあります。
  3. 一部のポータブルDVDプレーヤー:
    一部の低価格なポータブルDVDプレーヤーや非ブランド品のプレーヤーは、一般的なDVD-RWディスクを認識しないことがあるか、再生がうまくいかないことがあります。
  4. ゲームコンソール:
    一部の古いゲームコンソールや特定のモデルでは、DVD-RWディスクを正しく読み込めない場合があります。
  5. ディスク品質が低いデバイス:
    ディスク品質が劣悪な場合、ディスクを認識せず、再生や書き込みができないことがあります。

 

DVD-RWディスクの互換性に関しては、

ディスクの品質、

デバイスの仕様、

フォーマットの違いによって

影響を受けることがあります。

 

ディスクを使用する前に、

デバイスの取扱説明書や

メーカーのウェブサイトで

互換性情報を確認することをおすすめします。

 

ビクター Victor くり返し録画用 DVD-RW VHW12NP20SJ1 (片面1層/1-2倍速/20枚)

DVD-RとDVD-RWの主な違い

DVD-Rと

DVD-RWの主な違いは

書き込み可能な回数と互換性にあります。

 

DVD-Rは

一度だけ書き込み可能で、

そのデータは削除や書き換えができません。

 

これに対し、

DVD-RWは

何度でもデータの書き込みと

消去が可能で、

更新や変更が必要なデータを扱う際には便利です。

 

また、

DVD-Rは互換性が高い反面、

一度書き込むとデータは永続的になるため、

大量のデータを

一度に保存する用途に向いています。

 

一方、

DVD-RWは

データを何度も上書きできる反面、

一部のデバイスとは

互換性がない可能性があります。

どの状況でどちらを選ぶべきか?

 

一度の大量データの保存が必要で、

それを多くのデバイスで再生したいなら、

DVD-Rが適しています。

 

例えば、

映画やビデオを保存し、

他の人と共有する場合や、

大量のデータを

安全にアーカイブする場合には

DVD-Rを選ぶと良いでしょう。

 

一方、

データの更新や

変更が頻繁にある場合、

DVD-RWを選ぶことを

検討してみてください。

 

更新や変更が必要なデータを扱う場合や、

定期的に

データのバックアップを

更新する必要がある場合には、

DVD-RWが適しています。

 

☆AmazonでDVD-Rを探す☆

☆AmazonでDVD-RWを探す☆

まとめ

結論として、

DVD-RとDVD-RWは

それぞれ独自の特性と用途を持っています。

 

あなたのニーズと使用環境に基づいて、

適切なディスクを選択することが重要です。

 

それぞれの特性を理解し、

自分の目的、用途に最適な選択をしてください。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました