PS4 光デジタル出力端子がない!超簡単接続で解決!!分離器を取り付けて分かったメリット・デメリット

ゲーム・映画・動画

どうも!トラトラです。

PS4を購入し、

ウキウキして繋げようと、本体裏を見たら、

「あれ、光デジタル出力端子がない!!」

へこみました( ノД`)シクシク…

PS3には標準装備だったので、

当然、PS4にも標準装備されていると思ってました。

しかし、

PS4に光デジタル出力端子ってないんですね

知らなかったです( ノД`)シクシク…

・「アンプ(TV・DVDデコーダーなど)に光デジタル端子があるのに・・PS4に繋げない・・」

・「ps4の音声をアンプスピーカーで聴きたい!!」

・「テレビの音声だけって、迫力がない・味気ない」

・「PS3は光デジタル出力端子が標準搭載だったのに・・」

と、あれこれ、悩んでましたが、

分離器の存在を知り、

分離器1つで

カンタン解決できることが

わかったので、

早速、購入してみました。

結論を言えば、

分離器を接続した結果、

PS4の音声が

聴けるようになりました。

PS4のゲーム以外でも

ネットフリックス、

Amazonプライム・ビデオ

YouTubeなどの

映像と音声を楽しめてます。

接続してみて

デメリットもありましたが、

PS4音声を光デジタル音声で聴く方法は

分離器を接続するだけで

カンタンに聴けたので、ベストだと思いました。

私が買った分離器の接続方法も

載せていますので

参考にしていただければ幸いです。

私が持っているPS4は

CUH-2000系

小型・軽量化の低価格モデル。

主な変更点は筐体デザインの変更、

USB 3.0 ×2からUSB 3.1 Gen.1 ×2に変更、

IEEE 802.11ac及びBluetooth 4.0の対応、

光デジタル端子の削除等。

また、CUH-1200系までは電源ランプが本体上面の中央部分を

横断するライン状だったが、

この世代より電源ボタン部分に内蔵した小型のランプに変更となった。

引用元 ウィキペディア PlayStation 4

PS4 光デジタル出力端子がない!超簡単接続で解決!!分離器を取り付けるだけでカンタンに聴ける

分離器って何?

映像と音声を同時に複数の出力機器へ分離することですね。

HDMIから音声を取り出すには

音声を分離させるために必要な装置が分離器です。

どう選んだ?【分離器の選び方】

 

どの分離器を付けていいか

分からなかったので、

お店の説明文も参考にしました。

★数々の製品から、
一体どう選べばよろしいでしょうか
製品性能のどのパラメーターを参考にすべきなのか?

まず参考にすべきのは、
支持できる解像度及び音声出力端子だと思います。
現在、最新のモニターの解像度は基本的4K*2K(3840*2160)です。
低解像度製品を合わせる使用する場合が有りますが、
解像度は上げません。

例えば、
HDMI延長器、分配器、コンポジット、デジタルオーディオ分離器、
HDMIケーブルなど補助装置。

でも低解像度のモニターにしても、
補助装置のHDMI解像度が高い場合、自動的に適当な解像度を選べます。

音声出力端子には、
現在よく使われている組み合わせは大体以下の何種類があります。

うちの製品のように、

HDMI光デジタルSPDIF3.5mmオーディオ&L/R」

の組み合わせもあります。

他には、

「HDMI+光デジタルSPDIF+RAC+同軸」の組み合わせもあります。

ご使用の設備のジャック種類に合わせて選べばよろしいです。

引用元 楽天市場・MamBateより

ラインを引いた箇所を重点に

とくに分離器の選ぶ基準にしました。

もっと詳しい分離器の選び方は

下のお店のHPリンク

楽天市場・MamBateをご覧ください。

 

たくさんの種類の分離器があります

楽天・Amazon「分離器 PS4」検索してみると

たくさんの種類・価格の分離器が出てきました。

☆Amazonでの分離器☆

☆楽天での分離器☆

上のAmazon・楽天で検索し「分離器 PS4」の検索結果の中から

選んでみました。

3つの分離器を候補に絞り比較

たくさんの分離器の中から

「PS4で使えるのか」「価格」「分離器の選び方」
「商品のスペック」「レビュー」

を中心に、

どれがイイのかと探しました。

いろいろ見ているうちに3つの分離器に

絞り

どちらにしようか、悩みましたので

比較してみました。

①AGPTEK【4K版】 HD 4Kx2K HDMIデジタルオーディオ分離器


主な特徴は

  1. 2K・4K対応
  2. 繋げて終わりの簡単接続
  3. 光ファイバーケーブル(角型) 付属
  4. 給電不要
  5. 取扱説明書(日本語)付き
  6. 2CH・5.1ch機器対応
  7. 5mm to RCA オーディオケーブル 付属
  8. 電源入力はMicro USB ケーブル 付属
    (ただし、HDMIケーブル長さが15m以上の場合、電源入力が必要。
    HDMIケーブル長さは2m以内の場合、補助給電する必要なし)
  9. HDMI解像度:24/50 / 60fs / 1080p / 1080i / 720p / 576p / 576i / 480p / 480i/4K×2K
  10. 楽天での口コミ・レビュー(17件)は4.5
    Amazonでは評価の数 174・星5つ中の3.5でした

映像は2K・4Kも対応し

音声も5.1ch機器対応してます

光ケーブルを持っていない人には

光ファイバーケーブル(角型)が付属していて

購入したらスグにつなげられるのは

お得です。

給電不要もメリットですね。

②HDMIデジタルオーディオ分離器 HDMI SPDIF RCA 出力 オーディオ 分離器 1080P対応

  1. 2CH・5.1ch機器対応
  2. 給電必要
  3. USB給電ケーブル付属
  4. HDMI解像度: 1080P (50/60Hz)/ 720P/ 480P
  5. 4Kには対応しません
  6. 取扱説明書等は付属
  7. 楽天での口コミ・レビュー(5件)は3でした。
    Amazonでは評価の数 445・星5つ中の3.4でした

といったことが

2の分離器の主な特徴です。

給電必要で

商品のスペックは落ちますが値段が安いです。

 

③HDMI 音声分配器 光デジタル 分離 4K 2K PS3 PS4対応

①とよく似た感じがします。

主な特徴

1. 4Kx2K@30Hzまでの解像度に対応

2. 2CH・5.1ch機器対応

3. 対応機種:PS3/PS4/Blu-ray Disc/cable box/apple TV/IPテレビなど

4. 入力ポート:HDMI出力端子が搭載した 映像機器・家庭用ゲーム機・パソコンなどに対応

5. 出力ポート:オーディオ側/光デジタル(角型)入力を持つ機器、アナログ音声入力を持つ機器に対応

①とよく似た外観のデザインです。

価格は光デジタルケーブルが付属してないので

こちらの方が安く、

本体のみがほしい人にはオススメです。

 

迷いましたが②の分離器を選択

①・③の分離器の方が

性能面などいいと思いましたが、

いろいろ考え

②の分離器を選びました。

選んだ理由は

  • テレビが4Kじゃない
  • 当分、テレビを買い替えない
  • 2の分離器の性能でも充分
  • 光ケーブルをもっている
  • レビューを読んで悪くなかった

などの理由から、

②の分離器に決めました。

②のHDMIデジタルオーディオ分離器レビュー

 

引用元 Amazon・分離器レビューより

選んだ理由の中で

とくに参考にしたのがレビューで、

読んでいたら

悪い評価もありましたが、

良い評価の内容もたくさんあり総合的に

②の分離器に決めました。

 

(下の画像は分離器取り付け後の画面です)

スポンサーリンク

PS4の光デジタル出力端子
②の分離器「HDMIデジタルオーディオ分離器」接続方法

分離器、接続前に準備したもの

HDMIコード1本と光デジタルケーブル2本はありました。

HDMIコード1本は購入、

DC5V給電のコードはついていました。

準備したもの

分離器

HDMIコード 2本

光デジタル ケーブル角型プラグ 2本

・DC5V給電のコード(付属品)

分離器接続

アンプとPS4の間にこの機材を挟んで設置します。

取り付けは凄く簡単でした。

  1.  アンプ(TV側)から出ているデジタル ケーブル(角型)をこの機材の
    「5.1CHアナログ出力」(角型)に差し
  2.  PS4本体から出ている、HDMIのコードこの機材の「HDMI入力ポート」に差す。
  3. TVから出ているHDMIのコードこの機材の「HDMI出力ポート」に差す。
  4. 電源PS4のUSBポートから分離器のDC5V給電ポートに繋いでいます。DC5V給電のコードは付属されてました。

以上で、接続終了でした。

 

(生産ロットによりロゴデザインの変更、ロゴが無い場合があるみたいです)

写真上側(緑ランプ)・・アンプ(TV側)へ

光デジタル ケーブル(角型)(細い方) ・ (TV)HDMIのコード(大)

写真下側(赤ランプ)・・PS4側 へ

HDMIのコード(大) ・ DC5V給電コード(細い方)

全体で見た配線の説明

 

赤まる
光デジタルケーブル・アンプ(TV側)へ
水色のまる
HDMIのコード・・・・TVへ
青色のまる
HDMIのコード・・・・PS4へ
黄いろのまる
DC5V給電・・・・PS4へ

下の画像の説明です



下の画像はアンプの裏側です。

分離器から来た
赤まる・光デジタルケーブルです。

下の画像はテレビの裏側です。

分離器から来た
水色のまる・HDMIのコードです。

光デジタル端子の種類 (ケーブル)

光デジタル端子の種類は2種類あり、

一般的にゲーム機やアンプ・テレビなどは角型プラグの差込口になります。

PS3本体は光デジタル出力端子が標準装備されていて、

角型プラグの差込口になっていました。

なので、光デジタル ケーブル角型プラグ

写真(ピンぼけです!)のような

光角型ケーブルが必要になります。

購入した2の分離器は、

角型プラグの差込口になっていますので、

PS3で使用していた、

光デジタルのケーブルがそのまま使用出来ました。

PS4の設定

立ち上げて最初の画面の設定のアイコンを選びます。

画面が変わり「サウンドとスクリーン」を選びます。

画面が変わり「音声出力設定」を選びます。

画面が変わり「主に使用する出力端子」を選びます。

画面が変わり「光デジタル出力」を選んで終了です。

 

取り組け後 映像・音質 メリット・デメリット

 

メリット

安いので、大丈夫?と少し疑っていましたが、

ちゃんと、音声が聞こえてきました!

音声も大きくや小さくなったりは

しませんでした。

音声と映像のズレもありません。

(海外で中継放送するような音声と映像ズレはなし)

音質は

PS3の時と比べても同じようなきれいな音質です。

大きさは約8センチ×約6センチ×約2センチぐらい

小さいものですので、

テレビの裏に置いていても特に邪魔になりません。

映像も普段のテレビを観ている映像と同じで

ゲーム画面も

きれいに問題なく映りプレイ中も

なめらかで、きれいな映像です。

(取り付け後の画面です)

デメリット

デメリットと感じたことは

テレビのスピーカー(HDMI)と

アンプのスピーカー(光デジタル)から

両方から音声がでます。

その時に、

テレビのスピーカーと

アンプスピーカーから出る音声に

少しだけズレがありますので、

両方から出た音声だと

エコーがかかったような音になります。

エコーがかかってような音声だと

やっぱり聴きにくいので、

テレビの音声を、

音声ゼロまたはミュート(消音)にしています。

アンプのスピーカーから出る音声だけなので

エコーがかかったような音声は

無くなり、自然な音声になります。

私は気にならないですが

そういうことが気になる方は

止めたほうが

いいかも知れませんね( ^ω^)・・・

取り付けは説明書を見ないで

ジャックの形を見てPS4・分離器のハマるところに

差し込んで繋げましたのでカンタンでした。

ちなみに、ハイエンドモデルの
ps4proには光デジタル出力端子が標準搭載

ネットで調べたら、

2016・9・15以降発売のPS4には

非搭載になってます。(だいぶ前ですね。知らなかったです)

しかし、

ハイエンドモデルのPS4 Proには

光デジタル出力端子が標準搭載されています。

まとめ

TV本体のスピーカーだけでは

味気なくて迫力が全くなく

どうしても

アンプスピーカーから

光デジタルのPS4音声を

聴きたかったので

何か解決策がないかなと、

悩んでたんですが、

きれいな音声が出ましたので

無事解決できました。

ゲーム以外にも

PS4を使って

ネットフリックス、

Amazonプライム・ビデオ

YouTubeの動画を観ますが、

テレビ本体音声のみと

迫力がやっぱり違うので

光デジタル音声を

繋げれたのはよかったです。

分離器

接続しただけで解決できたので

満足な買い物で、

分離器選びも

私の環境の中では

ベストな選択でした。

PS4の光デジタル音声で困っている方は

よかったら参考にしてください( ^ω^)・・・


仮想通貨ランキング

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました