洗濯機ホースと蛇口ジョイントから水漏れ!!簡単解決・水漏れ防止給水栓(CB-J6)をDIY解決!【日立ドラム式洗濯機】

日常・経験


購入して、2年目くらいの、日立の全自動洗濯乾燥機ですが、

ホースと蛇口のジョイント部分から、ぽたぽたと水漏れしてきました。

感電、水漏れ事故などが怖いので、

緊急止水弁付き給水栓に取り替えたら、

完全に水漏れは止まりました。

水道屋さんなどに修理を頼むのもよかったのですが、

調べれば、自分でもカンタンにDIY出来そうだったので、

自分で直しました。

実際、超カンタンでしたので、

水漏れで、困っている方は、

自分でやられた方が、

修理費もかからないし、

時間もかからないので

オススメです。

 

やり方と言っても、

外して交換するだけでしたので、

作業時間は3分ほどでした。

使った道具はモンキーレンチだけでした。

わたしの、やった方法を、書きたいと思います。

 

洗濯機のホースが外れても水漏れしない!水漏れ防止給水栓を自分で取り付け

使っている日立の全自動洗濯乾燥機

使っている日立の全自動洗濯乾燥機

・使っている洗濯乾燥機

 

関連記事>>>日立のドラム式洗濯乾燥機ビッグドラム・スリム買って良かったこと・悪かったとこ

洗濯機のホースと蛇口のジョイントから水漏れ!

水漏れの箇所

【水漏れの箇所】蛇口側プラスチック水栓と
洗濯機側ホースのジョイント部分

 

画像の赤いマークの蛇口側プラスチック水栓と

洗濯機側ホースの間(ジョイントするところ)から、

ぽたぽたと水が漏れ始めました。

洗濯機を買って約2年くらいで

ずっと、

このプラスチック水栓で水漏れなく大丈夫でしたが、

洗濯機を回している間、

ぽたぽたと漏れ始め、ここ最近は

だんだん水漏れの水量が多くなりがひどくなってくる状態でした。

タオルなどを水漏れの受けのために置いてましたが、

スグにびちょびちょ状態になりました。

洗濯が終わって蛇口が開いている状態でも、水漏れしていたので、

洗濯が終われば、必ず、閉じていました。

ただ、1回蛇口を閉めるのを

忘れてしまったことがあり、3時間ほどで

ぽたぽたでも、洗濯機の上から、

洗濯機の下周りまで、

水漏れで濡れてしまいました。

感電など、怖いので、

それ以来、

洗濯が終われば、

蛇口を閉めるのを気を付けました。

水漏れの原因

蛇口側のプラスチック製の水栓

【原因】蛇口側のプラスチック製の水栓

洗濯機側のホースは

まだ購入して2年の洗濯機で新しいし

目視してもパッキンなどの破損・劣化などありませんでした。

そうすると、

水漏れの原因はおそらく、

蛇口側のプラスチック製の水栓だと思ました。

もう10年くらい使っている、

古い水栓なので、

ホースを差し込むとき(基本、差しっぱなしですが)などに

差込部分のプラスチックがすり減ったのか、

あと、かなり水圧がかかる部分で

長年のプラスチックの劣化が原因で、

蛇口側プラスチック製の水栓が

水漏れしてる原因と思いました。

 

全自動洗濯機用給水栓ジョイント(CB-J6)を購入


しかし、どんな給水栓を買ったらいいのか、分からなかったので、

とりあえず、Amazonで「洗濯機 給水栓」で検索してみました。

安いものから高いものまで

たくさんの給水栓がでてきましたので、

どれにすればいいのか悩みました。

よくホースを見るとメーカー(日立)も薦めている給水栓でした

悩んだので、

確か洗濯機のホースのところにタグ?がついていたので、

それを見てみると、

【全自動洗濯機用水栓ついて】

という注意書きがあり、

給水栓ジョイントの型番

「CB-J6」に交換してくださいと、

薦める説明が書いてありました。

早速、アマゾンで「給水栓 CB-J6」と検索してみると

メーカーが薦めている給水栓 CB-J6がありました。

パナソニック 全自動洗濯機用給水栓ジョイント CB-J6と

ありましたが、

レビューをみていると、

「パナソニック以外の全自動洗濯機でも使えますよ」と

書いているレビューがあり、緊急止水弁付き給水栓で

メーカーも薦める給水栓だったので

スグ購入しました。

緊急止水弁付き給水栓(CB-J6)なので、水漏れ防止できる

蛇口を全開しても、水漏れは無かった

蛇口を全開にしても、水漏れは無かった【給水栓・CB-J6】

CB-J6の最大の特徴としては

万が一、

留守の時や、何かの拍子(子供のいたずら・地震など)で

ホースが外れて、水浸しになってしまうと、大変なことになるので、

緊急止水弁付き給水栓であれば、

蛇口を開けていてホースが外れても、

水漏れしない機能があるので、安心だと思い、買いました。

実際、

上の画像は、

蛇口を全開でも、水漏れは無かったを取り付けた後に、

蛇口を全開にしたんですが、

一滴も水漏れしなかったので、

万が一の時でもこれで安心できました。

DIYで全自動洗濯機用給水栓ジョイント(CB-J6)を取付け【超簡単】

緊急止水弁付き給水栓

全自動洗濯機用・緊急止水弁付き給水栓(CB-J6)本体・パッキン・説明書

用意したもの

 

無ければ、
プライヤーなどでも

漏れていた給水栓を蛇口(径26ミリでした)から外して(上の画像のように)、

買ったCB-J6をモンキーレンチで締めこむだけでした(作業時間3分くらいでした)


取付ける場所・スペースの関係で、

ストレートに取り付けしました。

本体は3つの部品から出来ています。

カンタンにバラせますので、エルボ部分を無しにし、

ストレートに取り付けました。

給水栓(CB-J6)取り付け方法は2種類できる

 

給水栓(CB-J6)が360度回転する取り付けもできる

給水栓(CB-J6)が360度回転する取り付けもできる

私はストレートに取り付けしましたが、

給水栓(CB-J6)が360度回転し

ホースの位置が自由自在になる取付け方もできます。

蛇口の位置や洗濯機の位置に給水栓が360度回転すれば、

ホースが邪魔にならないような対応も出来ます。

ストレートや360度回転する、

取付け方ができる給水栓なので、

ある程度、どんな環境・場所でも対応できるんじゃないかと思います。

 

まとめ

給水栓(CB-J6)を取り付けたら、

完全に水漏れは止まりました。

水道屋さんに頼むとおそらく、

修理費は高くなり時間も取られるので、

作業時間3分ほどで

カンタンに安くDIYできたので、良かったです。

何より、

留守中などに何かの拍子(地震など)で

ホースが外れて、

家中が水浸しになれば、大変なことになると思うので

緊急止水弁付き給水栓なので、

安心でき、買ってよかったモノでした。

よかったら、参考にしてください。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました